「かばんとぬいぐるみ展5」が開催中。11月30日まで。

さる11月1日から、架空ストアで「かばんとぬいぐるみ展5」が始まりました。
名前の通り、他では見られない一風変わったかばんとぬいぐるみが店頭にズラリと並ぶイベントで、teracocoさん(ぬいぐるみ担当)とFuUSENKAさん(かばんとアクセサリー担当)のコンビで、4年前から毎年休まず開催されてます。
例年は真夏の炎天下の開催だったのですが、今年は11月。良い季節ですね。

kaban1

inazuma

mera

hakucho

kabantonuigurumi5

 

人気の作品は早めの完売も予想されますので、ぜひ万障お繰り合わせの上、ご来店くださいませ。
残念ながら都合がつかない場合は、オンラインストアでもどうぞ。

▼かばんとぬいぐるみ展5 作品一覧
http://store.retro-biz.com/list_g9.html

 

架空ストアの所在地・定休日などはこちらをご覧ください。
http://store.retro-biz.com/about_index.html

 

 

HINO「低空飛行」始まりました。

架空ストアの実店舗にて、HINOさんのイベント「低空飛行」が始まりました。
店内を無数の鳥が飛んでます。風を引き連れてご来店くださいませ。

hino

本人セレクトによる眠気を誘うBGMによって、店員が眠りに落ちる場合がありますが、そっとしておいてあげてください。

 

hino 「低空飛行」
2013年10月9日~27日 月火定休(祝日の場合は翌日)
平日 14:00~19:30  土日祝日 11:00~19:30  入場無料
架空ストア [所在地]

店員を増やす案の備忘録

最近ネット上ではあまり書いていないのですが、店員を増やしたい!という思いはずっとあって、模索はいろいろ続いてます。
例えば、架空ストア実店舗の販売スペースの一部と、裏の作業スペースを自由に使ってもらうかわりに、架空ストアの業務を手伝いませんか?という案がありました。
昨年、とある作家さんに提案しつつ、残念ながら実現しないまま月日が過ぎてしまったものです。

実店舗の一部を何に使うかは自由です。
作家さんであれば、やはり自分の作品を展示・販売することになるでしょうか。
その場合、通常の委託時のような販売手数料はいりません。通販についても販売手数料は無料です。
自分の作品を自分の手で売って、お客さんと対面したいという作家さんにはオススメだと思います。
実店舗の一部というのがどれくらいの広さなのか具体的には決めてないですが、週2日程度来てもらった場合で販売スペースの4分の1~3分の1くらいかなと考えていました。
作品の数が少ない作家さんだともったいないことになりそうですので、それなりにたくさん作る予定のある作家さんの方が良いですね。

裏の作業スペース(畳の部屋とか)はアトリエもしくは物置として使ってもらって構いません。
井之頭公園のすぐそばで、吉祥寺の街まで歩いて買い物に行ける立地は、なかなか悪くないんじゃないでしょうか。
もちろん僕も使うので共用ということになりますが、架空ストアの業務をある程度憶えてもらったら、誰かが来てくれる日は僕は自宅で仕事をしたいと思っているので、基本的には一人で使ってもらえると思います。
逆に、僕がそこにいることを気にしないでくれるなら、担当日以外でも来て、何か作業していても構いません。
早朝や深夜も作業はできますが、住宅街ですし、壁も薄いので、大きな音が出る作業はできません。いざと言う時は泊まっても良いですが、大家との契約上、住んじゃうのは厳禁です。
光インターネット回線(Bフレッツ)利用可。電気代無料、ただし消費電力の大きな機器(電気炉とか)については相談。ガスは使えません。

担当していただく架空ストアの業務と言うのは、いわゆる店番だけではなくて、通販の受付や発送、作家さんから届いた作品の納品作業、店内の装飾、掃除などなど、僕が普段やっている業務のうち、システムエンジニア的な作業を除くほぼ全てです。
人気商品の発売日や、納品が相次いだ日などは、そこそこ忙しくなります。
そうでない日は、店番をしながら他の作業をすることも可能です。
ただし、時折フラッとお客さんが入ってきますので、集中力のいる作業は営業時間内は難しいかも知れません。

担当日、担当時間は応相談です。
かなり変則的なスケジュールでも対応できると思います。
僕は近所に住んでますので、トラブル発生時には飛んできますし、急な用事による担当変更も可能です。

 

以上、ざっくりとまとめますと、給料は払えないけどお店を自由に使っていいよという提案ですね。
かなり虫の良い提案だと思います。

実際のところ、まさにこういう提案を求めていました!という人はなかなかいないでしょうし、僕としても「誰とでもうまくやれます!絶賛募集中!」とは言えない部分があるので、あくまでこんな方向性もありですよという参考の意味で、僕の考えを整理する目的で、書いてみました。
時々はこういうことも書いておかないと、店員を増やす気が無くなったのかな?と思われてしまいそうでもありますし。

他にも何か興味深い提案がありましたら、いつでもお気軽にお知らせください。
無理かな?と思えるような内容でも、とりあえず話していただけると嬉しいです。

どうぞよろしく。

コジマケンポストカードで残暑見舞いをお送りします ※追記あり

コミティア帰りのコジマケンさんからポストカードをいただきましたので、このポストカードで残暑見舞いをお送りしたいと思います。

kojima

ご希望の方は、架空ストアのお問い合わせフォームから、送り先のご住所・ご氏名をお知らせ下さい。
イラストの良さを損なわない程度の挨拶を書き添えて、8月中にはお届けいたします。
なお、ポストカードは微妙にバージョンの違う3種類ありますが、どれが届くかは選べません。あしからず。

▼お問い合わせフォーム
※募集は締め切りました(2013.8.29)

お申し込みは先着順とし、ポストカードが無くなった時点で終了といたします。

9月になってもポストカードが余っていた場合は、通常のDMなどと同様に、店頭での配布や通販時の同封に回す予定です。
残るかどうか微妙な枚数なので、気になる方はぜひお早めにご連絡下さい。

大勢の方に残暑見舞いをお送りできるのを楽しみにしております。
どうぞよろしく。

※追記
ポストカードは、あまぎモデリングイデア様の提供によるものです。
ご厚意に深く感謝申し上げます。

▼あまぎモデリングイデア
http://www.izu.co.jp/~amagimi/

豆本売り場のにぎわいをお伝えします ※写真追加あり

先日からオンラインストアで開催中の「豆本ブレンド おとりよせ」に加えて、
最近豆本作家さんからの納品があいつぎました結果、
架空ストア店頭の豆本売り場がかつてないにぎわいとなっています。
通常の棚だけではさすがに並べきれなくて、あまり大きな声では言えないのですが、すぐ上の「妖怪」の棚にまで進出中です。
妖怪作家の皆さん(人間です)にひっかかれてしまいますので、どうぞご内密に願います。

 

豆本ブレンド豆本

豆本ブレンド豆本には、6つの作品がザクッと入ってます。

 

鳥かごのそばには鳥

鳥かごのそばにはやはり鳥が集まります。

 

中央

ちょっと豆本ブレンドから離れても、個性豊かな作家さんがズラリ。

 

妖怪方面

妖怪方面に進出したのはこのへんの方々

 

再び

再び豆本ブレンドに戻って、完売の目立つこのあたり。

 

 

これで全ての作品を紹介できたわけではないのですが、賑やかさは伝わりましたでしょうか。

こんな小さな店に、これだけの作品を並べることができるのは、ひとえに作家さんのご厚意によるものとあらためて感じます。
もしお時間がございましたら、ぜひ店頭で手に取って、作品を一つずつお楽しみいただければ何よりです。

 

▼豆本ブレンド おとりよせ
・架空ストア本店
・豆本店
※どちらの商品内容は同じです。

 

…写真をもう少し追加してみます。[2013/7/5 10:30]

003

005

010

011

 

 

店内改装のお知らせと忘年会のお礼と

この年末年始に、店内の改装を行いました。
展示スペースが広くなり、今までより余裕のある並べ方ができるようになっています。
特に大きな変化のあった個所を、写真で紹介していきましょう。

小田急線を見習って高架化

小田急線を見習って高架化

タリーズのような文芸コーナー

タリーズのような文芸コーナー

金の鎖と子豚は黒が似合う

金の鎖と子豚は黒が似合う

小顔な作家さんが作った帽子たち

小顔な作家さんが作った帽子たち

高いところはすっきりと

高いところはすっきりと

ひよこには日光をあてて育てる

ひよこには日光をあてて育てる

小さくても大人の切符で

小さくても大人の切符で

今日も渋滞する首都高

今日も渋滞する首都高

流血だけど惨事じゃない

流血だけど惨事じゃない

極彩色の鳥にも夜は来る

極彩色の鳥にも夜は来る

猫と和の心は狭いところがお好き

猫と和の心は狭いところがお好き

秘伝の巻物を惜しげもなく

秘伝の巻物を惜しげもなく

なぜか妖怪に分類されたマイマイ

なぜか妖怪に分類されたマイマイ

 

ご来店いただいたお客さんからはおおむね好評で、ホッとしています。
今後も改良を重ねていくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、昨年末の30日に、架空ストアの忘年会がありました。
ご都合をつけていただくのがなかなか難しい日程だったと思うのですが、
昼間は古い知人と二人で、夕方からは初対面の方を含む六名で、楽しい時間を過ごすことができました。
あんなに気楽に話をできたのはすごく久しぶりな気がします。
おかげさまで、気持ちよく年越しを迎えることができました。
今後もこのような機会を折に触れて作っていきたいと思いますので、
よろしかったらまたお付き合い下さい。
本当にありがとうございました。

忘却しやすい忘年会のお知らせ

あらためまして、架空ストアの忘年会のお知らせです。

■場所
架空ストア店内
〒181-0001 東京都三鷹市井の頭4-26-7

■日時
2012年12月30日(日) 14時頃から19時頃まで
中途参加退出を推奨
(都合の良い時間にいらして、都合が悪くなったらお帰り下さい。)

■参加する人
架空ストアの作家さんやお客さんだけでなく、誰でも参加できます。

■持ち物
参加費は無料です。
そのかわり、何かおいしいもの(食べ物・飲み物)を一品持参して下さい。
コンビニで買ったポテトチップとかでも構いません。

調理器具等の持ち込みもOKです。
(湯沸しポットとオーブントースターとシンプルなコーヒーメーカーはあります。)

食器はそれなりに用意しておきます。
心配な場合は、事前にご相談下さい。

おいしいもの以外にも、何か面白いものがあったら持って来て下さい。

■二次会
昨年の忘年会では、近所の居酒屋で二次会を行いました。
今年は特に予定していませんが、夜しか参加できない人がいたり、希望があれば臨機応変に開催します。

■申込み方法
事前の申し込み等は必要ありません。
当日ふらりといらして下さい。

■注意事項
店内の商品は一部を除いて片づけてしまいます。
見たい商品がある場合はあらかじめお知らせ下さい。
また、14時までは商品の棚卸作業を行っています。
早めに来ると否応なしに手伝わされますのでご注意ください。

■その他
当日に限り、マスカットサイダーを飲み放題にします。
よく冷やしておきます。

 

お問い合わせはこちら
http://store.retro-biz.com/inquiry_input.html

 

企画の性質上、当日誰もいない可能性もあります。
鍵は開けておきますので、好きなだけくつろいでからお帰り下さい。よいお年を。

できることはとっととやっとこう

この数か月、架空ストアの売り上げはじわじわと上昇傾向にあります。
月並みな言葉になりますが、皆様のおかげです。心より御礼申し上げます。寒風吹きすさぶ井之頭公園で握手会を開きたいくらいです。
一方で、全体の売上が伸びる以上に、作家さんの人数が増えているので、
実は、作家さん一人あたりの平均売上は、以前よりも減少しています。

架空ストアの場合、売上が全てと言うわけではないと思いますが、
少なからぬ作家さんが「最近、架空ストアでは売れなくなったなあ」と感じているとしたらやはり寂しい気がしますので、
お客さんを増やす工夫を、早急にしていかなければならないなと考えています。
正直なところ、今までは作家さんを増やす方の努力に偏りがちでした。すいません。

特に奇抜な工夫を編み出すまでもなく、宣伝活動を増やしたり、商品を探しやすいシステムに改良したりと、やるべきことはいくらでもあると思います。
残念ながら、現在のところ本業(有限会社レトロインク)の業務がたてこんでいるため、大きな作業にはなかなか踏み切れないのですが、実店舗の改装は先月から着手し、少しづつ進めています。

また、ご要望の多かったツイッターの更新は、今日にも再開する予定です。年1回の更新にする!と言いつつ、2013年を待たずに前言撤回となるのは恥ずかしいですが、いつの間にか埋もれてしまっている良作品を掘り出して紹介するなど、お店らしいこともしていこうかと思います。お店らしからぬことも少ししないと気持ちのバランスが取れないので少しします、多分。

文芸レビューも、今までは「その作品を読んでいる時の気分」を表現できればいいやと思って書いていたのですが、そこにほんの少しだけ、作品に興味を持ってもらう工夫を振りかけていかないとダメですね。昨日、調布市の広報誌で、生ゴミ処理機の購入を勧める地味な記事を見つけたのですが、「こんな記事で誰がその気になるものか」と思っていたら、今日はまんまと価格.comで値段を調べてしまっているので、ああいう記事も馬鹿にはできないなあと深く感じ入った次第です。あまり関係ないですが。

こんな文章を書いている間にも、石川佳純選手似の美形な女の子を連れたお母さんが、マスカットサイダーを買ってくれました。どうもありがとう。女の子が最後にちょこっと手を振ってくれただけで、何だか胸がドキドキしています。お客さんを増やそう、とあらためて心に誓った今日の店主です。

不純な動機も入り混じっておりますが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

今年も架空ストアの忘年会やります

東京で最も口数の少ない忘年会として有名な架空ストアの忘年会を今年もやります。
去年と同じ12月30日で、時間はまだ検討中、会場は架空ストアの店内です。
今年は参加費を無料にしまして、そのかわり「おいしいものを一品持ってきてね」にしようかと思ってます。
食べ物でも飲み物でも構いません。たとえば、コーヒーセット一式を持ち込んでいただいてもOKですし、
コンビニでポテトチップスを一袋買ってくるのでも十分です。
また、マスカットサイダーを飲み放題にしますので、寒さに負けない強い人はどうぞ。

詳細はおいおい発表してまいりますが、かなりユルい忘年会になる予定です。
幹事(店主)も今年は頑張りません。
作家さんでも、お客さんでも、全く関係のない人でも、誰でも歓迎しますので、
30日に東京近辺にいて、たまたま暇な方はぜひいらして下さい。

展示作品を増量中

次の年末年始に店内改装をやる予定だったのですが、
年末までに一段落するはずだった本業の方がやや怪しい雲行きなので、
先月から少しずつ作業を始めてます。
あまり大きな作業はできないので、本当に少しずつ。

入口付近

目を引くぬいぐるみとパズルと

豆本とアクセサリーと文房具

アクセサリーやベタを経て豆本と文房具へ

入り口脇のアクセサリーと帽子

入り口脇のアクセサリーと帽子

もっと増やしたい文芸

もっと増やしたい文芸

夜空の布を流用した暗黒スペース

夜空の布を流用した暗黒スペース

ここにもアクセサリー

ここはまだ工夫の余地あり

かばん

かばん置き場はだいぶすっきりした

 

店頭に並ぶ作品を少しでも多くするのがテーマです。
だけど、あまりごちゃごちゃしすぎないように。

最近ポストカードの委託が増えていて、ポストカードの展示方法を何とか工夫したいところですが、これは年末年始になるかも。