実店舗の営業日を減らそうかと考えています(追記7/16)

突然ですが、実店舗の営業日を減らそうかと考えています。

ずいぶん前から考えてはいたものの、決心しきれず先延ばしにし続けてきたのですが、さすがにそろそろ決断しないとまずいということで、これからの1週間で集中的に検討してみることにしました。
とりあえず今日は、現状と考えを整理しておきたいと思います。

今の架空ストアの目標の一つに、「店員を増やす」というのがあります。
そのためには十分な仕事と収入を確保しなくてはなりませんので、2年くらい前から架空ストアの経営状態を良くするための工夫を重ねてきているのですが、ありがたいことに作家さんやお客様のご厚意に支えられまして、振り返ってみると、2年間で着実に業績が上がってきました。
この調子で行けば、店員を増やすのもそれほど先のことではなさそうです。

しかし業績が上がるのと同時に、架空ストアの運営に必要な時間・手間が飛躍的に増えてきました。

日常的な業務をこなすだけでも数時間かかるようになり、今までにない種類のトラブルで一日がつぶれるようなことも珍しくなくなりました。
私は架空ストア以外に、本業(コンピュータのシステム開発)を持っているのですが、最近は本業の時間を確保するのがなかなか難しい状況です。

ここで、「架空ストアの業績が十分」で、「私が本業を辞めたいと思っている」とかだったら、話は簡単なのですが、残念ながらそうではありません。
現状は、「架空ストアの業績は、伸びているとは言ってもまだ不十分」で、「私は本業を大切に思って」います。好きでやってる本業なんですね。

そして架空ストアの業績が不十分ということは、本業の方の収入で支えなくてはならないということであり、その本業の時間が確保できないとなると、非常に困ったことになります。

そんなわけで、本業の時間を確保する必要が出てきました。考えられる対策の一つが、「実店舗の営業日を減らす」です。
他にもっと良い手があるかも知れませんが、まだ分かりません。

この問題はずいぶん前から明らかでしたので、本当はもっと早い段階で決断すべきだったのですが、私も昭和な人間なもので、もっと頑張って働けば何とか乗り切れるんじゃないかなどと思ってしまい、ついつい先延ばしにしてしまいました。
それにくわえて、実店舗でお客様と触れ合うのが楽しいので減らしたくなかった…ということもあります。
「人と会える場所を作る」が、実店舗を作ったそもそもの理由の一つですしね。

今でもなお、「このままでもいけるんじゃないの?」という思いが心のどこかにあって、腰が重かったりもするのですが、この1週間で今度こそよく考えて、実店舗の営業日を減らすという結論であれば、8月からでも営業日を変更していければと思います。

 

こういう文章を公開することで、作家さんやお客様を不安にさせてしまうのではないかと、それだけがとても心配なのですが、ご迷惑をおかけするような事態にならないように、早めに対応したいというのが趣旨ですので、どうかご心配なさらぬようお願いいたします。

架空ストアを若い店員さんに任せて、私は本業や架空ストアのシステム開発に専念できる日々を、なるべく早く実現すべく、今後も工夫をつづけたいと思います。
末永くお付き合いいただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

[追記7/16]
今期これまで(昨年10月から今年6月)の売上合計で見ると、実店舗の売り上げは、オンラインストアの売上の約12%です。
作業時間・拘束時間まで考慮すると、現在の実店舗は商売としてはかなり効率が悪いと言えます。
(楽しいですし、金額に表れない面でのメリットもあるんですけどね。)

また、実店舗の営業時間中に本業ができるかと言うと、いくらお客さんが少ないとは言っても、集中力を必要とする仕事をするのはなかなか難しく、無理にやろうとするとあまり良いことがないので、最近はやらないようにしています。