抽選販売が完成してホッとしたので次のことを少々検討

9月13日に抽選販売のシステムをリリースしました。
http://store.retro-biz.com/fn_lottery.html

数年前からのアイディアをようやく形にできてホッとしました。
他のオンラインショップではあまり見られない機能かと思います。架空ストアの魅力の一つとして存在感を発揮すること期待大です。
とは言え、そんなにしょっちゅう利用される機能ではないですから、実際に役に立つのはおそらくもうしばらく先のことでしょう。

さて、今後のことですが、まず、「ダウンロード販売」の機能は、なるべく早めに着手するつもりです。
今のところ、架空非行のバックナンバーでしか利用予定がないので、リリース時点では作家さんに利用してもらえるサービスにはならないかも知れませんが、とにかく形にしてみることで、興味を持ってくれる作家さんが現れてくれたら…と思ってます。

また、抽選販売は、すごく売れている商品・作家さんのための機能でしたので、「もっと売れてほしい商品」のためのアイディアも何か考えなくてはならないでしょう。
(これと言って決定的なアイディアはまだ無いです)

6月にまとめた改良プランの中では、[09] 作家プロフィールの改良を何とかしたいのですが、これもアイディア次第というところです。
他の改良プランも全て実現させたいという気持ちはあるのですが、その前に、オンラインストア全体を作り直したい気がしています。システムもデザインも。

システムは、開業当時に作ったものを少しずつ改良しながら来ているので、かなり効率の悪い部分や、頭の悪い部分が目立つようになってきました。まあ、このへんは僕の自己満足的な面もあるのですが、スパッと一から作り直したいなあと、結構前から思ってます。でも、非常に時間のかかる作業になるので、実現の可能性は低いです。

デザインについては、見た目の綺麗さとかそういう意味ではなくて、使いやすいデザイン・インターフェース・ルールをここらできちんと検討すべきだと思っています。前述した「もっと売れてほしい商品」のためにもなることなので、実はすごく優先順位の高い作業です。腕の良いデザイナーに協力を仰ぎたいところですが、今のところ誰に頼んで良いやら分かりません。今後の出会いに期待…と言っているばかりではいたずらに月日が過ぎてしまいますので、何とか良い手を考えたいところです。

実店舗方面の作業については、当分の間は控え目になる予定です。8月から営業日を減らしていることもありますし、架空ストアは「オンラインストアがメインで実店舗はついで」ということを、意識的にアピールしていくことになるかも知れません。
ただし、実店舗向けのアプリの開発などが実現することになったり、思いがけず社員が増えたりしたら、方針がガラッと変わる可能性もあります。わずかな可能性ではありますが、念のため。

 

以上、まとめますと、秋から冬にかけてはとにかく「ダウンロード販売」の開発を進めつつ、デザインの協力者を探したり、改良プランのアイディアをまとめたりしていく予定です。
その途中で、会社の創立10周年もあるので、将来の展望などもあらためて考えることになるかも知れません。

いや、考えないとダメですね。
(会社のことについては、架空ストアだけの話じゃなくなるので、また別の機会に別の場所で)