店員を増やすことについて、あらためて具体的な検討を始めました

一人で運営している体制に行き詰まりを感じていたことは、数年前からこのブログなどに書いてきた通りで、「お手伝いします!」というありがたいお申し出がこれまでになかったわけでもないのですが、諸条件が折り合わなかったり、新しいことを始める余裕がこちらになかったり、あまり手を広げるべきではないのでは?という迷いがあったりで、特に進展のないまま今日に至っています。

このまま現状維持で今年7月の開店10周年を迎えそうな気配だったのですが、昨年あたりから急に作家さんが増えてきて日常業務の量や内容に変化が出てきたことや、せっかく良い作家さん・作品が集まってきているのに満足な対応のできていないことへの(僕の)ストレスが募ってきたことなどから、人手を増やして「より良い店」を目指すのか、逆に規模を縮小して一人でできる範囲の店にするのか、そろそろ方針をはっきりさせるべきだろうと考えるようになりました。

正直なところ、長い間一人でやってきたので、そこに誰かに加わってもらうというのは、期待と同じくらいに不安が大きいです。僕が人と一緒に仕事をするのがうまい大人ではないということが不安に拍車をかけて、一人でできる範囲でいいじゃないかという方へ気持ちが傾きがちだったりします。実際面倒だしね。

そうしていろいろと悪い想像をしつつ悶々としていたのですが、年相応に保守的になってる自分が何となく嫌になってきたのと、とにかくやってみないと分からないでしょうという友人からの(無責任でかっこいい)アドバイスとがあって、店員を増やした場合に必要となる準備や作業を、先日から具体的に検討し始めました。

どういう検討かと言えば、どのような役割分担が考えられるかとか、最初は何をしてもらうべきかとか、商品の管理方法はこのままで良いか?とか、受注管理システムを自分以外でも簡単に使えるように改良しなくちゃとか、どこに座って仕事してもらうかとか、パソコンを増やす必要はあるかとか、鍵の管理はどうしようかとか、考えればいくらでも出てくるようなそういう内容です。

いずれにしても、世間一般的な「アルバイト募集」のような形で募集するわけではなく、興味をもってくれた方と具体的に条件をすり合わせながら実現の可能性を高めていくことになります。アルバイト募集の時は声をかけて下さい!と過去に言ってくれた方が数人いらっしゃるのですが、すいません、今回はそういう形にはなりませんでした。

また、そんな検討を始めたところに、某作家さんから架空ストアの業務を手伝えるかも…という提案をいただきました。とりあえずお話をうかがって、詳しくはこれから検討していくところですが、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

 

長々と内輪の事情を書きましたが、店員が増えて協力して運営するようになったとしたら、おそらくお客さんや作家さんにも、いろいろと影響が出てくると思います。

例えば、作品の審査基準を店員の間でしっかりと共有できるように今よりも明確にすることになるでしょうし、曖昧さを無くすために委託販売の細かなルールが変更されたり、厳格になったりすることもありそうです。商品発送時の梱包のやり方も変わるかも知れません。古くからのお客さんにとっては、実店舗に僕以外の店員がいる!というのが何よりも新鮮な驚きかも知れません。

まだ何かが決定したわけではないですし、結局今回も何も変わらず現状維持でしたという結末が待っている可能性も無きにしもあらずですが、とにかくこのような取り組みを始めましたということだけ、お断りしておきたいと思いまして、この記事を書きました。

どのように転んだとしても、今まで通りに楽しんでいただける場を、長く続けられるような選択をできればと思っています。
ご心配をおかけするようで恐縮ですが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

フリーペーパー架空非行第8号「売名行為」をリリース

フリーペーパー架空非行第8号をリリースしました。

第8号のテーマは「売名行為」です。ずいぶん昔の話になりますが、そういう名前の大阪の劇団がありました。見た時は、「これが大阪か!」という衝撃でした。関東の中でも特に情報の少ない田舎出身だったせいですが、その頃は大学に進学して北海道にいまして、大阪出身の先輩が持っていたVHSビデオで見たのでした。いまだ見ぬ本当の大阪は海の向こう山の向こう川の向こうです。

それで素直に「これが大阪か!」と思い込んでしまったけれど、実際のところあれが大阪ならではの芝居だったのかどうだったのかはよく分かりません。「これが大阪か!」と僕が叫び、「そうだ、これが大阪だ!」と先輩が豪語したというだけの話です。いや、先輩はそんなこと言わなかったかも知れません。もはや追憶の彼方です。

そんな古い劇団の思い出とは全く何の関係もないのですが、「売名行為」のリードライターはあひるなんちゃら関村俊介さんにお願いしました。あひるなんちゃらと言うのは東京の劇団です。ニヤニヤしてしまう幸せな時間が延々と(実際には70分)続いていくような芝居をやっています。芝居の面白さもさることながら、ブログや公演チラシの裏に大量に書かれる関村さんの文章のユルユルツルツルとした感触が僕はとても好きで、それが架空非行の一面に!というのは本当に感無量であります。嬉しい。今までで一番、肩肘張らずにすんなりと入りやすい架空非行になったんじゃないでしょうか。

なお、あひるなんちゃらの次回公演も今月です。まるで番宣のための登場のようですね。偶然だなあ。

「走るおじさん」 2015.3.5~3.9 下北沢駅前劇場
http://www.ahirunanchara.com/next.html

 

ゲストはたなかなつみさん五十嵐彪太さん葉原あきよさん松岡永子さんの4人。やや常連の顔ぶれになった感はあります。本来の意味の「売名行為」とは違う角度の作品がそろっています。それぞれの思惑はともかくとして、売名行為を巧みに避けていく筆っぷりをご堪能ください。

試し読みは3本です。今回は全体を4ページに収めたかったので少なめです。新しめの作品を選んでみましたので、気になっていた作品もあるんじゃないでしょうか。さわりだけでもぜひ読んでみて下さい。

架空ストア実店舗店頭での配布および、通販時の同封で入手できます。3月末まで。ダウンロードでの提供もありますよ。

続きまして4月1日発行予定の第9号のテーマは「桜の森の満開の下」です。
坂口安吾の作品のタイトルをそのまんま借りてみました。リードライターはわたりさえこさんです。それぞれの桜の森を心に秘めて、来たるべきその日をお待ち下さいませ。

原稿募集の詳細等はこちらをどうぞ。
http://store.retro-biz.com/fn_press.html

今後の改良予定ではなく希望

架空ストアのサイトリニューアルの予告をしたのは昨年の10月。
4か月が過ぎました。
作家さんや商品が増えてきたのを踏まえて、より使いやすく、分かりやすく、それでいて遊び心のあるサイトにしなくては!と思うのですが、なかなか手が回らず、完成のめどがたっておりません。

残念ながら、今後もまだしばらくはそんな状態が続きそうです。
とりあえず、サイトリニューアル後にやろうと思っていた作業のうちのいくつかを先にやったりしてますが、追加や削除が少々ありますので、(主に自分のために)ここらで作業予定を整理しておきます。

現在検討中の作業は、以下の通りです。
最近追加したものは青字にしてあります。
このうちのいくつかは近日中に着手するかも知れません。
なお、順番は優先順位ではありません。

 

全体

・サイトリニューアル(使いやすく、分かりやすく)
・お知らせ・ニュースの通知機能(まだ読んでない新しいお知らせの数を、目立つところに表示)
・サーバ増強(なるべく余裕のあるうちに)
・送料改定

 

お客様用

・マイページでお支払方法の変更
・過去に購入したことがある商品かどうかを分かりやすく表示
・お客様からの写真アップロード(商品の感想)
・期間限定のクーポン
・商品入荷のメール通知(お客様にお気に入り商品の入荷をお知らせ)
・お支払方法に「代金引換」を追加
・配送方法に「郵便局留」オプションを追加

 

戯曲

・戯曲の表示方法追加(ウェブ閲覧)
・epub3対応
・戯曲テコ入れ
・戯曲の一部をサイト上部等にテロップ表示

 

作家

・販売数の上限設定(お一人様○○個まで)
・作家プロフィールの改良(作家さんの自己紹介・PRサイトとして)
・販売メール通知(作家さんに売上状況を1日1回お知らせ)
・見本管理
・複数の作家アカウントを管理
・商品(バリエーション)の移動機能
・SideBのスマートフォン対応

 

実店舗

・実店舗のレシートに作家情報を記載
・実店舗に検索端末を設置
・商品のバーコードから詳細な情報を表示するアプリを作成

4月1日から送料を値上げすることを検討中です

通販時の送料の値上げを検討しています。

 

■値上げの理由

1. サーバ料金や梱包資材などの諸経費の高騰のため
2. ヤマトメール便の廃止により、書籍・ポストカードなどを安い送料で送ることが難しくなるため
3. 消費税引き上げ(5%→8%)の際に値上げしなかったため
4. 商品の保護のために厚紙封筒を導入するなど、安全性の向上のため

 

■値上げ時期

本年4月1日を予定しています。
それより早くなることはありません。

3月中旬頃までに詳細を決定して、お知らせいたします。

 

■値上げ内容(案)

これまで無料だった「普通郵便・メール便」は、80円~100円程度。ただし、2000円以上お買い上げの場合は無料…など、合計金額によって無料となるようにします。

「ゆうパック」は、お届け先の都道府県によって送料が異なりますが、それぞれ30円~50円程度の値上げを検討しています。
また、現状では6000円以上お買い上げで送料無料ですが、この金額は据え置きもしくは引き下げる方向で検討中です。

 

■皆様へのお願い

架空ストアは送料も手数料も安いので、ご注文の内容によっては、送料・諸経費で赤字になってしまうことが少なくありません。

「全体として赤字にならなければOK」という方針で今後もやっていくつもりではありますが、赤字に傾き過ぎるとあっと言う間に立ち行かなくなってしまいますので、バランスを調整する意味で、送料の値上げを検討することにしました。

ご利用のお客様にはご迷惑をおかけすることになりますが、作家さんと皆様の橋渡しをする作業を、今後もつつがなく続けていくために必要なこととして、どうかご了承いただければと思います。

ご意見・ご要望などがございましたら、いつでもお気軽にお知らせください。

https://store.retro-biz.com/inquiry_input.html

フリーペーパー架空非行第7号「あひるの決闘」をリリース

フリーペーパー架空非行第7号をリリースしました。

第7号のテーマは「あひるの決闘」です。ゲイリー・クーパーとグレース・ケリーの西部劇で「真昼の決闘」と言うのがありましたね。名作です。僕はまだ観てません。

リードライターとしてのコジマケンさんの作品は架空非行初のイラストです。表紙がイラストになるだけでずいぶんと印象が違うものだなあと思います。
ゲストにはたなかなつみさん萩野翔太さん氷砂糖さん葉原あきよさん五十嵐彪太さんをお迎えしました。

新春特大号と同じ6ページになってしまったのは想定外ですが、才能あふれる皆さんが「あひる」の扱いにあの手この手を駆使する様が堪能できる、実験色の強い内容になりました。コジマさんのイラストの突破力のおかげもあって、今までで一番サイケな架空非行ではないでしょうか。こういうの好きです。

第1号から第6号までは、うまい具合にバトンが受け渡された感があって、第5号あたりからは一つの完成形…と言っては大げさかも知れませんが、安心して住めるアパートのような「堂々」に達したように感じていました。そのままその路線を突き詰めていくのも良いかと思いつつも、もっといろんな可能性を探してみたいという野望の方が強く、もっとも付き合いが古く、もっとも信頼しているコジマさんに託してみた次第です。託してみて良かったです。あひるはそこかよ!って思いますね。やられました。

ゲストの作品はどれも印象的ですが、皆さんの頭の中のあひるが大暴れして書かせた作品ばかりという感じがします。葉原あきよさんと五十嵐彪太さんは、どうしても最後に並べてみたくなってそうしました。妙に癖になるリズム感がありますね。

試し読みは5本掲載しています。主にレイアウトの都合から、いつもより1本多くなりました。読み応えのある作品ばかりを選んでますので、ぜひ好みに合いそうな作品を探してみて下さい。

架空ストア実店舗店頭での配布および、通販時の同封で入手できます。2月末まで。ダウンロードでの提供もありますよ。

続きまして3月1日の発行予定の第8号のテーマは「売名行為」です。
リードライターはあひるなんちゃらの関村俊介さんです。また「あひる」か!とお思いでしょうか。あ、そういえばあひるだ!とたった今気づきました、僕は。驚きです。初の劇作家の登場ですが、果たしてどんな作品が届くでしょうか。

原稿募集の詳細等はこちらをどうぞ。
http://store.retro-biz.com/fn_press.html

午年から未年にかけての雑感いろいろ

午年から未年にかけての雑感を順不同で書きました。作家さん向けの内容がほとんどです。

なお、あくまで雑感なので、正式な「お知らせ」ではありません。
大事な内容については、詳細をよくよく吟味した上で、あらためてお知らせする予定です。

 

サイトのリニューアル作業は遅れてます

なかなか時間がとれずほとんど進んでません。リニューアルの後でやろうと思っていた作業がいくつかあるのですが、順序を逆にして先にやってしまった方が良さそうだなあという感じになってます。

そんな前倒し気分で、発売日別に商品を表示する機能を昨年末に作成しまして、あとは、お客さんや作家さんからの「よくある質問」を整理・加筆するのと、基本的な利用方法の説明の整理、支払方法の追加(代引き)あたりをとりあえず…と思っていますが、どうなるかまだちょっと分かりません。

作家さんのプロフィール周辺の改良も、急ぎたいところです。

 

抽選販売システムの利用をオススメします

昨年リリースした抽選販売システムは、大きなトラブルもなく、順調に活躍しています。抽選で購入機会を公平にするための機能ですが、お客さんのアクセスを分散させてサーバの負担を軽くするというメリットもあります。

最近お客様が増えてサーバの動作が徐々に重くなりつつありますので、ちょっとでも人気のありそうな商品は、積極的に抽選販売にしていくと良さそうです。

 

実店舗のレイアウトを変えたり

昨年末に商品の棚卸をして大掃除ができたので、店内のレイアウトを思い切って変更しました。一部の作業がまだ終わっていないので、詳しくは後日あらためて報告します。

 

DMの枚数は80枚くらい

DMやフリーペーパーをお預かりする際、どれくらいの枚数が適当か?と言いますと、内容にもよるのですが、最近では一か月で80枚くらいが目安です。

 

納品の個数は難しい

納品数についても目安を聞かれることがありますが、これは非常に難しいです。

保管場所に困っているわけではないので、他の店舗やイベントでの販売実績がある場合は強気の個数で問題ありませんが、そうでもない場合は、とりあえず少なめにしておいた方が良いでしょう。

 

名刺を同封してあげたいけれど

「私の商品を買ってくれたお客さんに同封してください」ということで名刺などを送ってくださる作家さんが少なくないのですが、最近は作家さんの人数がだいぶ増えてきまして、そういった個別の対応はなかなか難しいです。

あらかじめ商品のパッケージに名刺を1枚ずつ同封しておくなど、納品時に作家さん側で工夫するようにして下さい。

また、架空ストアの実店舗は、いわゆるレンタルボックスなどとは違って、作家さんごとに商品を置いているわけではないので、「商品と一緒に名刺を置いて下さい」というのも難しいです。

いずれ店内のどこかに名刺置き場を作れればとは思いますが、当面はどうかご容赦ください。

 

今年もオンラインストア重視で

オンラインストアがメインです…とは今までも言ってきたことではありますが、具体的にどういう意味なのかちょっと分かりにくいと思うので、そのあたりを分かりやすくしていく必要がありそうです。

ちなみに実店舗の入り口の貼り紙は、最近こんな感じになってます。

実店舗の貼り紙

 

挨拶はどうぞお気遣いなく

作家さんの中には、「実店舗におうかがいして直接ご挨拶を!」という律儀な方が時々いらっしゃるのですが、こちらはそういうことをほとんど気にしないタイプなので、どうかあまり気を遣わないで下さい。

ご挨拶・ご訪問の時間を、新しい作品の制作に充てていただけた方が、こちらとしては嬉しいです。
作家さんが制作に専念できるのが、架空ストアの存在意義だと思ってます。
(来ちゃダメ!という意味ではありません。くれぐれも念のため。)

 

フリーペーパー架空非行第6号「人工衛星の街角」をリリース

フリーペーパー架空非行第6号をリリースしました。

第6号のテーマは「人工衛星の街角」です。
リードライターは月読さん、ゲストに葉原あきよさん、レトロインクさん、萩野翔太さん、五十嵐彪太さん、松岡永子さん、魔女さんをお迎えしてます。なんと総勢7名!ページ数も通常の1.5倍の6ページで、名実共に新春記念特大号となりました。そんな華やかさとは裏腹に人工衛星は、孤高の寂しさすら香らせて、それぞれの空に街角に名も知らぬ場所にたたずんでくれています。

架空ストアのお客様にとっては、月読さんはアクセサリー作家としての印象が強いかも知れません。一方で、彼女のアクセサリー作品の裏に流れる静かな物語を、肌で感じ取っていた方も少なくないのではないでしょうか。「永遠ハレルヤ」には、色彩豊かな言葉たちが、それぞれに定められた軌道を回るようにして浮かんでいます。衝突しそうでしない、ゆるやかな言葉たち。月の裏側を見るようにして、月読さんの世界に触れてみてください。アクセサリー作品の輝きも、これまでと違って感じられてくることでしょう。

ゲストの皆さんの作品も粒ぞろいとなりました。人工衛星には、ノスタルジーと未来と今を同時に刺激するような、奇妙な引力がありますね。僕らの手に届かないところに浮かぶことが彼らの存在意義ですから、いつまでたっても現実味を感じないのは当然と言えるかも知れません。

試し読みは4本掲載しています。ろくさんの「彩日」や、猫春さんの「冬の王」など、今回は比較的新しい作品を選んでみました。4つの世界の空には、それぞれに人工衛星があるのでしょう。人類が最初に人工衛星を打ち上げたのがいつかなんて、この際問題ではありません。人類は宇宙ではいつも最後尾ですからね。

架空ストア実店舗店頭での配布および、通販時の同封で入手できます。1月末まで。ダウンロードでの提供もありますよ。

続きまして2月1日の発行予定の第7号のテーマは「あひるの決闘」です。真昼の決闘って知ってますか?決闘の定義なんて時代と共に変わりますね。
リードライターはコジマケンさんです。マンガ・イラストの作品になる予定。今までとは違った突破力に期待大です。

 

原稿募集の詳細等はこちらをどうぞ。
http://store.retro-biz.com/fn_press.html

フリーペーパー架空非行第5号「楽園に行こう」をリリース

フリーペーパー架空非行第5号をリリースしました。
第5号のテーマは「楽園に行こう」です。
リードライターは蓮月堂の武田若千さん、ゲストに葉原あきよさん五十嵐彪太さんたなかなつみさん松岡永子さんをお迎えしてます。前号に引き続きゲストは4人で実に豪華です。じつに印象深い楽園がそろいました。

「楽園に行こう」というフレーズからは、僕の世代(70年代生まれ)だとイエローモンキーの「楽園」を思い出します。メントールの煙草を持って猫も連れていく楽園がどんな場所なのか、僕にはいまだに霧の中です。仕方ないので、そういう実態の見えない楽園を歌ったんじゃないかと解釈することで勝手に納得しています。

世間的には楽園と言えばやはり常夏の国でしょうか。ゴーギャンがいまだにウロウロしている未開の天地です。渡り鳥も冬には北から南へと移動します。本当は常夏の島まで行きたいのに、疲れるから途中で諦めて日本に寄っているのかも知れないと僕は疑っているのですが、とにかく楽園とは海の向こう、ここではないどこかなのでしょう。つまり海の向こうの連中からしたら、こちら側が楽園です。

或る日玄関の呼び鈴がピンポンと鳴って、メントールの煙草を持って猫を連れた見知らぬ異国の青年が「ここが楽園だと聞いたのですが…」と片言の日本語で侵入してくるかも知れない。そんな時にどんな顔をしたら良いか。武田若千さんの「広場」や、ゲストの皆さんの作品を読みながら考えておきたいと思います。

試し読みは4本掲載しています。今回はわりと新しめの作品を選んでみました。わたりさえこさんの作品などは、もっと読ませろ!という気分になるんじゃないでしょうか。ぜひ読んでください。

架空ストア実店舗店頭での配布および、通販時の同封で入手できます。12月末まで。ダウンロードでの提供もようやく始まっております。なかなか好評です。

続きまして新年1月1日の発行予定の第6号のテーマは「人工衛星の街角」です。人工衛星はあのゆっくりとした回転がとても怖いと思います。
リードライターは月読さんです。本当に1月1日きっかりに出すつもりでいますよ。
原稿募集の詳細等はこちらをどうぞ。
http://store.retro-biz.com/fn_press.html

年末年始の営業スケジュール及び年末周辺のお知らせいくつか(追記あり)

まず、架空ストアの年末年始の営業スケジュールについてです。

実店舗は12月も金土日と祝日のみの営業となりまして、24日と25日は特別営業(11:00~19:00)となります。閉店時間がやや早いのでご注意ください。
年内の営業は25日まで、年始は9日からの予定です。

オンラインストアは年末年始も休みなくご利用いただけますが、年内の発送は12月30日頃までになる見込みです。
年始の発送開始がいつ頃になるかは未定ですが、6日頃が有力です。
どちらも詳しくは12月中旬頃までに、あらためて告知できればと思います。

▼営業カレンダーはこちら
http://store.retro-biz.com/about_calendar.html#201412

 

次に、年賀状のお知らせです。
例年架空ストアでは、主にその年に納品してくれた作家さんに年賀状を差し上げていたのですが、そろそろ枚数が多くなりすぎて、きちんとした年賀状を用意するのが難しくなってきましたので、今年は(来年は、と言うべきでしょうか)年賀状をやめることにしました。
全く同じ内容でプリンターで大量に印刷して送るだけというのは避けたい気がしましたので、とうとうギブアップです。
また、年賀状をいただくのはとても嬉しく、正直言って毎年楽しみにしているのですが、いただいた年賀状へのお返しも控えさせていただく予定です。
不躾になりますことを、あらかじめお詫び申し上げます。ホントすいません。

 

最後に弊社(レトロインク)の忘年会のお知らせです。
例年は架空ストアのツイッターなどで告知を行っていたのですが、作家さんたちが集まる(架空ストアの)忘年会だと誤解されることが多かったので、今年は告知・打ち合わせの場を別に用意しました。

▼レトロインク観測所
http://www.metro-ink.com/sandbox/?c=endofyear

現時点では日程も場所も何も決まっていませんが、興味のある方はブックマークなどして、時々ご覧になってみて下さい。

 

以上です。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

▼追記 2014.12.21

オンラインストアの年末年始の営業についてのお知らせです。
http://store.retro-biz.com/info206.html

年内の商品発送は12月30日(火)までです。先払いの場合は、30日の午後4時頃までにご入金が確認できれば、なるべく年内に発送いたします。
年末年始休暇中も、架空ストア(オンラインストア)はご利用いただけますが、商品の発送、お問い合わせの対応等は1月5日(月)以降となりますのでご了承ください。

 

架空非行のダウンロード販売が始まりました

フリーペーパー「架空非行」のダウンロード販売が始まりました。

banner

1年間300円で、最新号とバックナンバーがどれでも何度でもダウンロードできます。購入方法の詳細等は、上のバナーをクリックして、販売ページをご覧ください。

「架空非行」の最新号は、実店舗の店頭や通販時の同封で無料配布しておりますので、基本的には無料で入手されることをオススメします。
入手し忘れたバックナンバーの内容が気になってしまったり、入手したはずの架空非行を紛失してしまった場合などの救済措置としてご利用いただければ幸いです。

 

このダウンロード販売を実現するために、架空ストアに「パスポート」という機能を追加しました。パスポートについての詳細はこちらのページをご覧ください。

架空非行以外でも、この機能を利用する商品が出てくるととても面白いと思うのですが、いろいろと難しい問題もありまして、現時点では、作家さんがパスポートを作成する機能は用意していません。
引き続き検討は続けていきますので、もしパスポートの販売に興味のある作家さんがいらっしゃいましたら、随時ご一報いただければと思います。

 

また、架空ストアの今後の作業についてですが、オンラインストアの全体的なリニューアルを予定しています。
これは結構時間のかかる作業になるかも知れませんし、時間がかかりすぎるとなったら考え直すかも知れません。とにかく現在検討中です。

その後で、電子書籍戯曲の機能強化なども予定していますが、とにかくリニューアルが終わってですね。